人気の静岡銀行アパートローンに関してメリット、デメリットを解説!

不動産投資 ローン 静岡銀行

近年、収益不動産に対しても前向きに融資を行なっている地方銀行として、静岡銀行が不動産投資ビギナーを中心に高い人気を誇っています。

今回は、公式サイトの説明を見ただけではわからない、静岡銀行アパートローンの特徴や、メリットデメリットを紹介していきます。

画像出典:http://www.teradanet.com/blog2/archives/11881

1 静岡銀行とは?

不動産投資 静岡銀行 ローン

出典 : https://www.photo-ac.com/

静岡銀行とは、その名の通り静岡県静岡市に本社を構える有力地方銀行の一つです。

1943年に設立されてから現在に至るまで、70年以上の歴史を誇る、比較的古参の地方銀行です。

地方銀行という位置づけながらその知名度は都市銀行に次いで高く、メガ地銀と呼ばれることもあります。

同列の有力地方銀行は横浜銀行、千葉銀行、八十二銀行などです。

静岡銀行では、預金、貸出、有価証券売買・投資、為替などを全国規模で展開しており、金融機関としての一般的なサービスは全て網羅して提供しています。

通常、地方銀行では申請を行い融資審査が完了するまでに最短で2週間、長期化した場合は1ヶ月以上かかってしまう場合もありますが、静岡銀行では1週間弱で融資を受けることができるケースが多いというのも特徴として挙げられます。

以下、株式会社静岡銀行の会社概要です。

会社名 :株式会社静岡銀行(Shizuoka Banking Corporation)

設立 : 1943年 3月1日

本所所在地 : 静岡県静岡市葵区呉服町1丁目10番地

代表取締役社長 : 柴田 久

資本金 : 908億円

事業内容 : 預金業務、貸出業務、有価証券売買業務・投資業務、為替業務全般の銀行業

従業員数 : 2,884名

格付け : A +(スタンダード&プアーズによる格付け)

公式ホームページURL  : http://www.shizuokabank.co.jp/index.html

2 静岡銀行の不動産投資ローンの特徴

不動産投資 静岡銀行 アパートローン

出典 : https://www.photo-ac.com/

静岡銀行では、収益用不動産の購入を検討している方に向けて1億円を上限とした「アパートローン」を提供しています。

静岡銀行の提供するアパートローンの申し込みに必要な最低基準は、以下の3つです。これらの基準はあくまで「最低基準」ですので、全て充足する必要が有ります。

もちろんこれらを前提条件として審査が行われますので、条件を満たしても融資が確約されるわけではありません。

  • 融資申込時ならびに融資実行時の年齢が満 20 歳以上 70 歳以下、かつ最終返済時の年齢 が満 76 歳未満の方
  • 年収および勤続、年数、安定継続した本人年収が 100 万円以上あり(今後も見込まれ)、同一勤務先に 3 年以上 勤務、または同一事業に 3 年以上従事されている方
  • 生命保険 団体信用生命保険に加入が認められる方

特筆することは特になく、地方銀行としては標準的な条件です。

静岡銀行はスルガ銀行と同じように、不動産投資に積極的です。これから不動産投資を始めようとしている人にとって、気軽に相談しやすい銀行でもあります。

静岡銀行は融資エリアが狭く都市部を好む傾向にあります。東京、大阪、名古屋、静岡といった営業エリア内での中でも、特に都内であれば融資の確率が高いと考えていいでしょう。

余談ではありますが、静岡銀行は以前、「貸付をあまり行なってくれない = 貸し渋る銀行」と「静岡銀行(しずぎん)」を文字って「渋銀(しぶぎん)」などと投資家たちから揶揄されていた時期もありました。

今でも都市部以外の場所で不動産投資を展開しようとしている場合には、なかなか前向きに融資を検討してもらえない可能性もあります。

しかし現在では、以前比べると、収益不動産購入のための借り入れに対してもある程度意欲的に融資を行うようになっています。

ちなみに金利面では変動金利型のみとなっているので、基本金利に変動があると動きがあります。これは静岡銀行に限った話ではありませんが、時には割高になるリスクもあるので、融資額は慎重に考えてくださいね。

3 静岡銀行の不動産投資ローンのメリット

不動産投資 静岡銀行 メリット

出典 : https://www.photo-ac.com/

3-1 築年数の古い木造物件にも融資を行なってくれる

静岡銀行では、一般的な銀行では忌避されがちな「築年数の古い木造物件」に対しても積極的に融資を行なってくれます。

しかも、国税庁の発表している「法定耐用年数」を超える長期間の融資を行なってくれるケースも多いのです。

木造住宅の場合の法定耐用年数は22年ですので、通常、そこから築年数を引いた数字が借り入れ期間となります。

算出方法と具体例は下記を参考にしてみてください。

「借り入れ期間の算出方法 : 法定耐用年数 − 物件の築年数」

例 : 築8年の木造物件を購入するためにローンを組む場合…法定耐用年数22年 − 8年 = 14年が最長借り入れ期間となる

しかし、静岡銀行では木造住宅の場合でも最長30年まで借り入れ期間を延ばすことが可能です。

3-2 団体信用保険が付帯している

静岡銀行のローンではあらかじめ団体信用保険が付帯しているため、わざわざ別の会社と保険の契約を行う必要がありません。

念のため団体信用保険について補足しておくと、団体信用保険とは「静岡銀行を保険契約者」に、「ローンを借り入れする方を被保険者」とする保険契約のことを指します。

被保険者の方が保険期間中に死亡または高度障害状態に陥ってしまった場合に、生命保険会社より支払われる保険金によって借主の残債務の返済に充当される仕組みになっています。

静岡銀行では、通常の団信と、2種類の特約(8大疾病保障、全疾病保障)が用意されています。8大疾病保障は年0.3%、全疾病保障は年0.4%の金利を上乗せするとつけることができますが、借入条件によって、数十~数百万円のコストがかかります。

そのため、団信に特約をつける場合は、保障内容と保険料を確認し本当に必要なのかよく考えたうえで判断するようにしてくださいね。

なお、団体信用保険の加入は静岡銀行から融資を受けるための最低条件ですので、加入できない方はそもそも静岡銀行から借り入れを行うことができないので注意が必要です。

4 静岡銀行不動産投資ローンのデメリット

不動産投資 静岡銀行 デメリット

出典 : https://www.photo-ac.com/

4-1 属性の基準が高い

金融機関が融資審査を行う際に注目するポイントは、不動産の価値(担保価値)、運用後の収益性の高さ、そして本人の属性情報です。

属性とは少し生々しい表現をすると、本人や家族の「社会的なステータス」のことを指しています。

金融機関は他人にお金を貸すことを商売にしているわけですから、融資をしなければ商売になりません。

そこでポイントになるのが「どのような人に融資をするのか?」という部分。この「どのような人」が不動産投資ローンにおける「属性」を指します。

金融機関は短期間でその人に不動産投資ローンを融資するかどうか決めなければならないため、その人の生い立ちや性格などを、時間をかけてじっくりと調べるわけにはいかないことがほとんどです。

そこで、その人の「属性」を知ることで、不動産投資ローンを融資して問題ないか、またいくらまで融資可能か、を判断しているのです。

つまり、不動産投資ローンにおいて、属性は審査に多大な影響を与える重要な要素になります。

具体的には以下のような項目が「属性情報」として挙げられます。

  • 個人識別情報 : 氏名・生年月日・住所・電話番号など
  • 信用情報 : 借入状況・残債・返済状況・不履行や遅滞の有無
  • 収入 : 直近3年の年収
  • 勤務先情報 : 会社名・部署・職種・役職・会社住所・電話番号・勤続年数・定年
  • 住居情報  : 現在住んでいる家は持家なのか賃貸なのか
  • 家族構成 : 家族の氏名・続柄・生年月日・同居・同居でない場合の住所
  • 保証人 : 連帯保証人の有無
  • 配偶者情報 : 妻帯者の場合、妻の会社名・勤続年数・年収

静岡銀行は、「都市銀行」に次ぐ「地方銀行」という位置づけからも分かるように、ある程度高い属性が要求されます。

というのも、静岡銀行のアパートローンは「高属性で信用力のあるサラリーマン」をターゲットとした金融サービスです。

同じく不動産投資の借り入れ先として人気のスルガ銀行よりも、属性の基準は高めに設定されていると言えるでしょう。

年収目安は700万円以上と考えるのが妥当です。

ただし、所有している金融資産(貯蓄等)次第では年収が700万円に満たない場合でも審査を通過できる可能性が十分にあります。

4-2 金利が比較的高い

静岡銀行の提供するアパートローンの金利は3.6% 〜 4.5%あたりが目安となっています。

これは要求される属性基準の高さに比して、比較的高い金利であると言えるでしょう。

静岡銀行のおもな住宅ローン金利は以下のとおりです。

固定金利は2~35年の中から選ぶことができます。他の地方銀行にくらべると少し高めの金利設定となっています。

地方銀行の中ではスルガ銀行に匹敵するほどの融資スピードの速さと、耐用年数への寛容さというメリットがある以上、ある程度の金利の高さは我慢しなくてはなりません。

さらに住宅ローン関連のおもな手数料は以下のとおりです。

ここ数年、インターネットバンキング経由の一部繰上返済は手数料が無料なことが多いですが、静岡銀行では高い手数料がかかってしまいます。

こまめに繰上返済をすると余計な費用がかかってしまうので、繰上返済は計画的に行うのがベターです。

まとめ

今回は 静岡銀行の不動産投資ローンについて詳しくご紹介しました!

法定耐用年数を越える長期の借り入れも可能など、他の銀行にはない静岡銀行特有のメリットをしっかりと意識しておきたいところです。

収益性の高い築古木造物件にて投資を行いたい方は、ぜひ選択肢に加えてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です