20代が不動産投資を始めても大丈夫!?メリットと注意点を徹底解説

終身雇用制度の崩壊、少子高齢化は進むことによる年金制度への不安など、老後破産をしないための自助努力がこれまで以上に求められています。

 

このような時代背景だからこそ、会社員の間で不動産投資に注目が集まっています。

 

特に、副業に対して一番の関心があるであろう20代から始めるケースも少なくありません。

とは言っても、20代で不動産投資を始めることに不安を感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、20代で不動産投資を始める上で知っておきたいメリットを解説します。

 

1.20代だからこそ不動産投資をすべき!?

 

2016年からマイナス金利政策が実施され融資が緩和されたことにより、不動産投資への関心が高まりつつあります。専門家の中には「20代での不動産投資は危険」と煽っている人もいますが、逆に20代だからこそ不動産投資を始めるべき理由が隠されています。

 

1-1 不動産投資は手間がかからない

そもそも不動産投資に対してどのようなイメージを持っていますか?

物件を所有すると、何かと手間がかかってしまうと思っているかもしれません。しかしながら、世の中にはそういった面倒な業務をすべて代行してくれる管理会社が存在します。

 

管理会社と契約すれば、自分で物件の管理をする必要はありません。「休みの日まで仕事…」と不安に感じている人も少なくないでしょうが、普段は仕事をして、休みの日は飲み会や趣味、旅行などに時間を費やしつつ、資産形成をしていくことができます。

 

1-2 20代はリスク許容度が高い

リスクとは、収益の振れ幅のことを意味します。そして、収益がマイナスになった場合、どれくらいまで受け入れることができるのかという度合いを「リスク許容度」と呼びます。当然のように、不動産投資でもリスクは隣り合わせの状態です。

 

リスク許容度は、年齢の要素が非常に大きいと言われています。例えば、定年間近になると。老後の生活を考えて、リスクを最小限に抑える運用をします。一方で20代の場合は、リスク許容度が高くなり、比較的高いリスクの投資先でも投資が可能です。

 

2.若い方が融資を受けやすい

 

不動産投資とは、お金を借りてできる唯一の投資方法でもあります。そして、20代で不動産投資を始めるメリットのひとつとして、融資の受けやすさが挙げられます。勤続年数が短く年収が低い20代ですが、若いという理由がかえって有利に働くこともあります。

 

2-1 女性、若者/シニア起業家支援資金が利用可能

不動産投資で物件を購入するためには、属性が大切です。属性とは、融資の返済に影響がありそうな項目を指しています。そして、属性が高くない人の駆け込み寺的存在となっている金融機関と言えば、日本政策金融公庫です。

 

そこには、「女性、若者/シニア起業家支援資金」という制度があります。35歳未満で新たに事業を始める人や開業後7年以内の人などに対して、金利が優遇されるものです。金利が低い方がローン返済額は抑えられるため、ローン審査でも有利に働きます。

 

2-2 早い段階で賃貸経営の経験が積める

融資を受けやすくなる条件のひとつとして、すでに不動産投資実績がある状態が挙げられます。1棟目の経営状態が良ければ、2棟目以降は融資が受けやすいのです。そして、利益をあげていれば、融資のおりやすさは年代に関係ありません。

 

ある程度、信頼のおける社会的地位を築いてから、不動産投資を始めるのは堅実な考え方です。しかしながら、多少のリスクを背負ってでも20代から賃貸経営を始めた方が近道になる場合もあります。迷っているのであれば、「まずはやってみる」ことから始めましょう。

 

3.リターンを享受できる期間が長い

融資など心配事も多い不動産投資ですが、そもそもの目的はインカムゲイン(継続的な家賃収入)を得ることにあります。そして当然ですが、不動産の保有が長ければ長いほど、得られるリターンは大きくなります。その具体的な内容を確認していきましょう。

 

3-1 不動産投資は早期開始の方がお得

毎月のローン返済額をどうしよう?と不安に感じるのは当然です。しかしながら、リターンの観点からいうと、不動産投資は20代から始めた方がお得になります。キャッシュフローとは、手元に残る現金のことを意味しています。

 

仮に、投資物件で得られるキャッシュフローが平均20万円だったとします。これを25代から始めるのと35歳から始めるのでは、生涯で受け取れる額に2,400万円もの差が生まれてしまいます。どれだけキャッシュフローが低くても、この法則に変わりはありません。

 

3-2 経営実績次第で金利は下げられる

不動産投資における融資は経営成績が重視されます。確かに20代がアパートやマンションの1棟を購入できるだけの融資を引き出すことは難しいかもしれません。しかしながら、区分マンションの1室持っているだけでも、十分な投資実績として認められます。

 

大した家賃収入にはならないかもしれませんが、早い段階で不動産投資を始めて、実績を積んでおけば、新たな融資を受けられる時期も遅くありません。また、安定経営をアピールすることで、金融機関との交渉次第により、金利を下げられるかもしれません。

 

4.老後に向けた資産形成の時間が長い

冒頭でもお伝えした通り、少子高齢化は進むことによる年金制度への不安は募るばかりでしょう。そうした中で、資産運用や副業を始める会社員は少なくありません。不動産投資は継続的な収入が得られるため、老後の資産形成には有効な手段と言えます。

 

4-1 20代で不動産投資を始めるとローンは早期で完済できる

不動産物件を購入するために金融機関から融資を受ける場合、20~25年でローンを組む人がほとんどでしょう。つまり、20代で投資を始めてしまえば、早ければ40代、遅くても定年までにはローンを完済できるという計算が成り立ちます。

 

ローン返済が終われば、物件から生まれる家賃収入のほとんどを自由に使うことができます。仮に月々20万円程度の家賃収入だったとしても、十分な年金代わりになるのではないでしょうか。また最終的には、物件や土地を売却する資金も得ることができます。

 

4-2 20代で不動産投資を始めた方が融資期間に余裕が生まれる

不動産投資における融資期間は、取得する物件の法定耐用年数に応じて決定されます。耐用年数は木造で22年、鉄骨造で34年、RC造で47年と定められています。また対象物件の築年数も大きく関係してきます。

 

しかしながら、融資期間を決めるのは、これらの条件だけではありません。借りる人の年齢も考慮する必要があります。25歳で融資を受ける場合と、45歳で融資を受ける場合とでは、状況が異なります。不動産投資を始める年齢が高過ぎて断られる場合もあります。

 

5.20代は失敗してもやり直せる

不動産投資にリスクは付き物です。順調に運用が進んでいたとしても、事件や事故などの災害に巻き込まれてしまうかもしれません。どれだけ不動産投資に対しての経験を積んでいたとしても、失敗の可能性をゼロにすることは誰にもできないのです。

 

しかしながら、こうした失敗があっても20代ならやり直せるチャンスはあります。人は失敗を経験しながら成長していくものです。最悪のケースとして、自己破産をしてしまった場合でも、10年後には融資を受けられるようになります。

 

6.20代で不動産投資を成功させるために知っておきたいポイント

リスクが隣り合わせにある不動産投資において、何も考えずに突き進めなどと勝手なことは言えません。20代だという若さだからこそ、注意したいポイントもあります。20代で不動産投資を始める際は、以下のポイントに気をつけながら行いましょう。

 

6-1 自己資金は多めに持っておく

自己資金がなくても、融資によって不動産投資を始めることは可能です。しかしながら、年収が低いなどの理由で、融資がおりない場合もあります。そんな状況下で、都心から離れた地域の中古物件などには数百万円のものも少なくありません。

 

これらを現金で買い付けするという選択肢もありますが、手元に現金がなければ元も子もありません。貯蓄はなかなか簡単なことではありませんが、最低でも300~500万円は投資のために持っておきたいところです。

 

6-2 転職はなるべく避ける

近年の転職市場は活発化しています。特に柔軟な考えを持っている20代で転職するケースが増えてきています。しかしながら、融資の審査における勤続年数は意外と大きなウェイトを占めている場合もあります。

 

当然、何度も転職を繰り返していれば、一般的に年収も下がってしまう傾向にあります。勘違いしやすいところですが、金融機関は個人の信用で融資を行っているわけではなく、所属している会社に対しての信用で融資をしている部分も少なくありません。

 

6-3 不動産投資に関する知識不足を補う

20代は不動産投資だけでなく、一般的なビジネススキルも発展途上の段階にあります。こういった状況で不動産投資を始めると、最低限の部分にしか目がいかず、基礎的な知識が不足していることで、赤字へと転じてしまう可能性も考えられます。

 

この知識不足を補うためには、勉強あるのみです。関連書籍を読み、不動産会社などが運営するセミナーに参加しましょう。可能であれば、不動産投資を行っている人たちが集まるコミュニティへと出向いて、そこから大切なノウハウを学ぶことをおすすめします。

 

また、ここで注意したいのは、ネットの情報のみを鵜呑みにすることです。確かに便利なツールではあるものの、断片的な知識だけを集めた世界です。特に最初のうちは、ネットの情報だけを頼りに行動するのは避けた方が良いでしょう。

 

7.まとめ

20代は勤続年数も短く、年収も低いことから、不動産投資を始めるには早すぎると思っている人も多いでしょう。

確かにさまざまな問題点や注意すべきポイントはありますが、20代から不動産投資を始めるメリットも少なくありません。必要な知識を蓄えつつ、アクションを起こしてみませんか?